CSR

幸和グループのCSR

私たち(幸和グループ)は生産・販売活動を通じて、社会生活の改善と向上を目指しており、それこそがCSR活動と考えております。
企業活動を通じてステークホルダーの皆様の信頼をより確かなものにするとともに、社会の持続的発展に貢献するため、CSR活動を推進します。

トップメッセージ

当社グループでは「企業の社会的責任」の基本は、コンプライアンスであると考えています。経営者、従業員それぞれが自己の業務においてコンプライアンスを徹底し、自らの働く場所を清らかなものにする。そこから従業員の働きがいや社会から求められる期待に応えられる力、ステークホルダーの皆様からの信頼が生まれるものだと考えています。私たちはこれまで、明日の笑顔のため、使う人が幸せを感じ、心が豊かになる製品創りを目指し今日まで事業に取り組んできました。これからもこの理念の基、社会の課題と期待に応える活動を展開していきます。

行動規範

コード・オブ・コンダクト(行動規範、以下CoC)は、業務を倫理的かつ適法に行うことを示したものであり、社員および役員が、自分の義務と責任を果たすときの指針となるものです。倫理的かつ適法に行動するという会社の確約を、確実に遵守するための方針と手順を定めたものであり、これらの方針・手順は、当社および国内外にある全てのグループ会社の社員および役員に適用されます。

1.法令の遵守

当グループは、すべての法律、規則および規制を遵守し、また高い倫理基準に従って事業および業務を行います。

2.健全な職場環境

当グループは、人種、信条、宗教、性別、年齢、障害、国籍またはその他の許容できない要因に基づく差別や嫌がらせのない、安全で健全な職場を維持します。また、グループ内でのセクシャルハラスメントおよびパワーハラスメントについてCoC違反の疑いがある案件に関しては、社内相談窓口(ホットライン)を設置し審議を行っております。

3.製造について

当グループは、安全で有効な製品の製造に取り組んでいます。製品の製造にあたって、環境および職業上の健康と安全に関係するものを含め、適用される全ての法律および規制を遵守します。

4.ビジネスモラルの遵守

当グループは、全ての事業機会において積極的、公正に、倫理的に、かつ合法的に競争を行います。取引先からのビジネスモラルに反する提案や取引と無関係な要望については断固拒否いたします。また、同様に取引先へ対しても、ビジネスモラルに反する言動は行いません。

5.機密情報の取り扱い

当グループは、業務上で得た機密情報や個人情報を、自分の個人的利益のために使用したり、第三者に開示したりしません。

6.機密情報の取扱い

当グループは、企業の社会的責任(CSR)の観点に立ち、事業活動がご利用者の生活に密着した業務であるとの認識を持ち、地域社会の発展に貢献するとともに、地域社会・市民とのコミュニケーションを密にし、社会の声に謙虚に耳を傾け、社会の常識と期待にそうよう努めます。
また、地域の環境問題に積極的に取り組み、企業の発展と環境保全の両立をめざします。

堺市高齢者見守りネットワークに協力しています。
当社では、地域住民と事業所、行政などの関係機関が協力し、地域全体で高齢者を見守り、支え合う「堺市高齢者見守りネットワーク」に協力しています。
日常生活や仕事の中での「さりげない見守り、声かけ」を通し、地域住民皆様と一緒に高齢者の方が安心して暮らし続けられる街づくりを行っています。

堺市高齢者見守りネットワーク事業

※堺市見守りメール詳細
http://www.city.sakai.lg.jp/kenko/fukushikaigo/koreishafukushi/dementia/mimamori_mail.html

7.反社会勢力との関係を遮断する

当グループは、暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力との関係を一切遮断します。
また、反社会的勢力排除のため、対応部署や不当要求防止責任者の設置、情報収集・管理体制の確立、対応マニュアルの策定等、社内の態勢を整備します。

環境活動

私たち(幸和グループ)は生産・販売活動を通じて、社会生活の改善と向上を目指しており、それこそがCSR活動と考えております。
企業活動を通じてステークホルダーの皆様の信頼をより確かなものにするとともに、社会の持続的発展に貢献するため、CSR活動を推進します。

行動規範

  • 一人ひとりの環境保全に対する意識を向上させ、あらゆる環境課題に積極的に取り組み、社会とのコミュニケーションを図ります。
  • 環境理念、方針に沿った目的・目標を設定し、その達成を目指すとともに必要な見直しを行い、環境活動の継続的な改善を図ります。
  • 「3R」(Reduce/リデュース=発生の抑制、Reuse/リユース=繰り返し使う、Recycle/リサイクル=資源として再利用)を実行します。
  • 環境関連の法令および条例の遵守により、社会的責任を遂行します。

環境への取り組み

近隣施設へのボランティア活動

近隣施設で開催されるイベントへ、ボランティアとして参加させていただきました。
今後もお世話になっている近隣地区への貢献のため積極的にボランティア活動に参加していきます。

近隣地域の清掃

年に1、2回近隣地域の清掃活動を行っています。大阪府堺市の三宝公園や会社周辺の歩道などを清掃します。普段お世話になっている地域への恩返しと、社員の環境への意識を高める目的があります。

クールビズ&ウォームビズ

夏季はクールビズ、冬季はウォームビズを実施しています。クールビズはノーネクタイ、ノージャッケットが基本です。ウォームビズは暖かい肌着やカーディガン・ベスト等の着用で防寒の対策を行います。夏季冬季共に過度に空調機器に頼らないビジネススタイルを推奨しています。

リサイクルBOXの設置

リサイクルボックスを設置し、社内で使用されていない備品を有効利用できる部署や個人へ配布しています。なくなったからすぐに購入するのではなく、リユース(繰り返し使う)することで社内資源を効率的に活用するよう努めています。

節電対策

不要な待機電力を極力減らすための社内運動を実施し、自発的・積極的な節電を呼びかけています。社内のコンセントに「抜くコンセント」「抜かないコンセント」が一目で判別できるように色テープを貼り、「抜くコンセント」は毎日退社時に抜くよう徹底しています。また、昨年は夏季の間、本社に設置されている「株式会社幸和製作所」の屋外看板の消灯を実施しました。

擬音装置の設置

女性用トイレには擬音装置が設置されています。1回のトイレ流水量は約8ℓ。音消しの為に年間にして約200㎥あまりが無駄に消費されています。節水効果のある擬音装置を有効に活用することで水の無駄遣い防止に努めています。

芯無しトイレットペーパーの使用

トイレットペーパーの芯に使われる紙管は1本あたり約5グラム。少量ではありますが、リサイクルせずに捨てていた部分の資源節約とゴミ削減を推進するため、全社において“芯無し”タイプのトイレットペーパーを採用しています。

ゴミの分別収集

資源の再利用の為、ゴミの分別を行っています。さらに分別されたアルミ缶、スチール缶のプルタブ、ペットボトル、ペットボトルキャップはリサイクル募金活動の為、回収事業へ提供しています。

マイ箸の使用

割り箸の使用をやめることにより、ゴミの削減、CO2の排出量削減に努めています。本社・各営業所にお箸を設置し、割り箸は「持ち込まない、使わない」を心がけています。

エコドライブ

社内でJAF(日本自動車連盟)様にお越しいただき、エコドライブ研修会を行いました。また、当社で使用している社用車全てに「エコドライブ」シールを貼り付けています。「ふんわりアクセルeスタート」「早い段階のアクセルオフ」「加減速の少ないゆったり運転」を心がけ、車の運転を通じて一人一人が環境に配慮した行動と役割を行うことができることを目指しています。

電子決済システム導入

社内の各種申請業務に電子決裁システムを導入しています。これにより、紙の使用量が大幅に減るとともに、各種申請に対する決裁を得るまでの時間が短縮され、作業効率がアップしました。

コンピュータの休止モード使用

15分以上席を離れる時は、節電とデータ保護のためコンピュータの休止モードを使用することにしています。毎日のちょっとした取り組みで、省エネを習慣にするよう心がけています。